FC2ブログ
このサイトはPC表示にて最適化されていますので,スマホの場合もPC表示をご推奨します。
2016年11月05日 (土) | 編集 |
訪問日:2015年12月

佐久良城(さくらじょう)は滋賀県蒲生郡日野町にあったお城です。
築城時期は不明ですが,南北朝時代の末期より現在の蒲生郡日野町の北東部を支配したとされる小倉氏の本拠地として機能しました。室町時代 応仁の乱の時期には記録上でも小倉實澄(おぐらさねずみ)が支配したことが記されています。
戦国時代に入ると嫡子のいなかった小倉実光は養子として蒲生氏より小倉實隆を迎えています。小倉氏は六角氏の家臣としてカル訳したようですが,實隆が1564年 小倉右近大夫との戦いで戦死すると,その後,小倉氏は歴史の表舞台から姿を消します。蒲生氏 等の付近の有力勢力に取り込まれてしまった可能性もあります。佐久良城もこの頃に廃城となったと考えられます。

佐久良城/正面  佐久良城/案内板
【左】佐久良城の登城口です。比高50m程度の丘の上に築かれています。
【右】案内板に簡略された模式図がありますが,しっかり見たい人には向きません。

佐久良城/縄張図
登城口付近に置いてあったパンフレットに縄張図が乗っていました。主要な3つの曲輪を並列に配置している,連郭式の縄張りであることがわかります。

佐久良城/登山道  佐久良城/獣除け
【左】この登り口の横にパンフレットは置いてありました。
【右】お決まりの獣除けのフェンスを開けて,フェンス沿いに登っていきます。

佐久良城/Ⅲ郭切岸  佐久良城/堀切
【左】暫く登るとⅢ郭切岸が見えてきました。
【右】Ⅲ郭の西側は2本の堀切で遮断されています。

佐久良城/Ⅱ郭手前  佐久良城/本来の城道
【左】Ⅱ郭へのアクセスですが,現在の登山道は直進しているものの本来は矢印のように北側(右)に折れて,Ⅱ郭より横矢が掛かる仕組みになっていたようです。
【右】右側に堀切のように見える場所が本来の城道であったようです。

佐久良城/土橋  佐久良城/土橋2
【左】この城の見所の一つ,Ⅱ郭から主郭へは幅が広く深い堀切を写真の土橋で渡します。
【右】逆のアングルで主郭側からⅡ郭。土橋の両側が堀切です。

佐久良城/土橋下  佐久良城/土橋付近の石積み
【左】土橋下の堀切に下りてみると深さがわかり,土橋が一直線に横切っている様がわかります。
【右】土橋付近とⅡ郭西面には石積みを見ることが出来ます。

佐久良城/大手側虎口  佐久良城/主郭
【左】主郭大手側虎口。平虎口ですが高い土塁を切って開口しています。
【右】主郭内部の様子。あまり整備されているとは言えませんね。

佐久良城/主郭土塁  佐久良城/土塁の高さ
【左】主郭は分厚く高い土塁で囲まれています。
曲輪内部が歩きにくいためか,遊歩道も土塁上をぐるっと歩くように誘導されていました。
【右】人が前に立つと土塁の高さが際立ちます。

佐久良城/主郭石積み  佐久良城/主郭の石
【左】大手側虎口付近の土塁には石積みも見ることが出来ます。
【右】散乱している石には割る時に使ったノミの跡も確認できます。

佐久良城/搦手側の虎口  佐久良城/御馬洗いの池
【左】主郭西側には搦手側の虎口が開いています。
【右】搦手から北側に下りていくとあるお馬洗いの池と言われる貯水池。

佐久良城/横堀  佐久良城/竪堀
【左】貯水池のある城域の北側にも幾つかの防御施設が設けられています。この通路状のくぼみは横堀
【右】北側斜面に掘られた竪堀

佐久良城/八幡神社  佐久良城/八幡神社前
【左】下山は八幡神社経由で降りてきました。領主であった小倉氏ゆかりの神社と考えられています。
【右】八幡神社への参道入口は域の登り口のすぐ西側にありますが,ここにも佐久良城に関する簡単な案内があります。

戦国時代中盤まで付近を治めた支配拠点であっただけにそれなりの遺構。
しかも,コンパクトで分かりやすいため中世城郭の入門編としても適しており,城跡が集中する日野町でもお勧めの部類に入ると思います。


大きな地図で表示


お城巡り ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

関連記事
テーマ:史跡
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック