FC2ブログ
このサイトはPC表示にて最適化されていますので,スマホの場合もPC表示をご推奨します。
2017年01月09日 (月) | 編集 |
訪問日:2016年1月

岩倉城は徳島県美馬市にあったお城です。
築城時期は不明ですが1267年に小笠原長房が在城していた記録があることから鎌倉時代と言われています。
その後,阿波国西部の重要拠点として機能し広大な城域を誇ったそうですが,現在は多くが失われています。戦国時代には三好氏の城となっており,三好長慶の叔父として知られる三好康長(笑岩)そして康長の子である三好康俊が城主を務めており,近隣の脇城と連携しながら付近を統治しました。
三好康俊が城主の頃,土佐国より長宗我部元親により奪われ,さらにその後の豊臣秀吉軍の四国攻めで落城しています。
1586年 阿波国には豊臣家臣の蜂須賀家政が入り,脇城の方を阿波九城として重要視したことから,近場の岩倉城は機能を失っていったと考えられています。

[阿波]岩倉城/遠景  [阿波]岩倉城/正面
【左】自動車学校の奥に見えるのが岩倉城の築かれた台地です。
【右】ぐるっと背後の北側から回り込むように近づくと登り口があります。
高速道路をくぐったところに車を適当におけるスペースもあります。

[阿波]岩倉城/Ⅳ郭  [阿波]岩倉城/登城道
【左】直ぐに右手に削平地らしき平場があり,曲輪のようですが完全未整備です。
【右】主郭へは登りも厳しくなく,距離もありません。

[阿波]岩倉城/Ⅲ郭  [阿波]岩倉城/堀切
【左】道の右手に曲輪が並んでいます。上がってみると段状になっているのがわかります。
【右】主郭の北側,二郭との間にある堀切です。

[阿波]岩倉城/腰曲輪  [阿波]岩倉城/虎口?
【左】主郭の東側の腰曲輪らしき削平地より主郭へアクセスします。
【右】主郭が見えてきました。

[阿波]岩倉城/主郭  [阿波]岩倉城/城主の墓
【左】主郭の様子。
かつては重要拠点として広大な城域を持っていたようですが,改変のため失われた部分が多く,主郭付近が城跡の遺構を残すのみとなっています。
【右】城主の墓とも言われる墓石があるのですが,特段説明もなく伝承の域をでないのでしょう。

[阿波]岩倉城/記念碑  [阿波]岩倉城/眺望
【左】この地を造成した時の記念碑に城の成り立ちも書かれています。
【右】流石に街並みを一望できる好立地。

今ではすっかり小さな城跡になっていますが,元は阿波西部を代表する城郭であった城です。
連携していた脇城や うだつの町並みで有名な脇町も近くですよ。


大きな地図で表示


お城巡り ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

関連記事
テーマ:史跡
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック