このサイトはPC表示にて最適化されていますので,スマホの場合もPC表示をご推奨します。
2017年05月20日 (土) | 編集 |
訪問日:2016年4月

名島城(なじまじょう)は福岡県福岡市にあったお城です。
元々は立花鑑載(たちばなあきとし)が立花山城の支城として築いたとされます。
16世紀後半 豊臣秀吉の九州平定後に筑前を与えられた小早川隆景はそれまでの統治拠点であった立花山城が山城で不便であったため,海に面した名島城を改修し本拠地としました。この後に続く秀吉による朝鮮出兵(文禄・慶長の役)における兵站基地としての役割を視野に入れてもいたようです。
1600年 関ヶ原の戦いの後に黒田長政が筑前に入ると本拠地として福岡城を築城し本拠地としました。この時に名島城の資材の多くは持ち運ばれ廃城となりました。

名島城/01入口(神社側)  名島城/02名島神社
【左】付近の有料駐車場に車を停めて名島神社を目指します。こちらは海側の入口となります。
【右】名島神社のある削平地はしたの古地図でいうと弁財天社のある曲輪になると思います。

名島城/古地図
案内板にあった古地図。
現在は本丸周辺が名島城址公園とて整備されているものの,東側の二の丸,三の丸といった部分は宅地化され没しています。

名島城/  名島城/05本丸へ
【左】北側の開けたあ所は下リ曲輪だと思います。
【右】さらに上にある本丸へ向かいます。

名島城/06本丸  名島城/07本丸案内
【左】本丸の様子。公園整備されています。
【右】本丸の案内板には発掘調査で出てきた遺構の位置が示されています。

名島城/08城碑  名島城/09隅櫓
【左】かなり陽が落ちて来ていましたので見にくいですが名島城跡の城碑です。
【右】北西側に残る隅櫓跡。礎石や瓦が出土したそうです。

名島城/10隅櫓石垣  名島城/11大手口
【左】隅櫓跡の石垣
【右】東側に下りていく大手口石垣が見えています。

名島城/12大手石垣  名島城/13大手石垣2
【左】大手口の石垣に近づいています。
【右】反対側にも別の石垣

名島城/14入口(大手側)  名島城/15夕景
【左】大手側の入口は住宅地に繋がっていました。
【右】海側の夕景が素晴らしい。

名島城/16塩汲み道  名島城/17名島門
【左】市中に没した東側の名残を探してみると,名島三の丸団地という名前の団地やその傍に写真のような塩汲み道と名付けられた曲線を描いた道路。どうやら古地図の三の丸の南にある堀底を進んでいるような感じです。
【右】少し離れますが福岡城に移築され現存している名島門

廃城の際に福岡城に資材も持って行かれたこともあって,名残はわずかですが,智将として知られる小早川隆景がここで筑前の統治したと聞いては来るしかないということで来ました。


大きな地図で表示


お城巡り ブログランキングへ


にほんブログ村 


FC2 Blog Ranking


関連記事
テーマ:史跡
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック