FC2ブログ
このサイトはPC表示にて最適化されていますので,スマホの場合もPC表示をご推奨します。
2018年01月20日 (土) | 編集 |
訪問日:2016年6月

山本山城は滋賀県長浜市にあったお城です。
琵琶湖岸に位置する山本山に築かれており,南側から見ると一見独立峰のようですが,背後は賤ヶ岳方面まで連なった山脈の突端に位置しています。このため縦走する登山客もあり登山道は十分に整備されています。
平安時代の末期 山本源氏の山本義経が本拠地としていたと伝わりますが,この城を有名にしたのは1570年より始まった織田信長浅井長政との争いです。山本山城は浅井氏の本拠地である小谷城の西側に位置し重要な支城として阿閉貞征(あつじさだゆき)が守っていました。
1573年に貞征が信長軍に降伏したことにより小谷城の守備力は著しく低下し落城,浅井氏は滅亡していくことになったのです。

山本山城/01遠景.JPG  山本山城/02朝日山神社.JPG
【左】南側から見る山本山城の遠景。
【右】朝日山神社の境内前に登山口があります。

山本山城/03入口.JPG  山本山城/04山本判官古城跡.JPG
【左】ここが登り口。
40分は登ることになりますので整備されているとはいえ中々しんどい山登りです。
【右】昇りだして直ぐにあった山本判官古城址石碑

山本山城/05常楽寺.JPG  山本山城/06登山道.JPG
【左】常楽寺の横を過ぎていきます。
【右】ひたすら長い山道を登っていきます。

山本山城/07三の丸.JPG  山本山城/08三の丸堀切.JPG
【左】三の丸に到着しました。土塁に囲まれており主要部分の東側を守備した曲輪です。
【右】三の丸から二の丸に向かう虎口を出ると堀切を確認することが出来ます。

山本山城/09二の丸.JPG  山本山城/10主郭虎口南.JPG
【左】二の丸の様子ですが,かなりの面積を有しています。
この曲輪はかなりの改変を受けており遺構の確認が難しい。
【右】主郭の南側に開いた虎口です。

山本山城/11主郭取ら内内側.JPG  山本山城/12主郭土塁.JPG
【左】主郭虎口は幅広の土塁にぽっかりと開いている様子がわかります。
【右】主郭は四方を土塁で囲まれた曲輪です。

山本山城/  山本山城/14主郭土塁横を進む.JPG
【左】主郭の東側に開いた虎口
【右】現在の登山道は主郭北側の土塁をそのまま超えていきますが,本来はこの東側虎口から外に出て写真のように主郭土塁の外側に沿って帯曲輪を北上するのが正解です、

山本山城/15主郭北堀.JPG  山本山城/16四郭.JPG
【左】主郭の北側に掘られた堀切。当時は堀切を木橋で渡したようです。
【右】北側の堀切を超えたところの曲輪
かなり細長い曲輪で二番馬場跡という案内がありました。

山本山城/17馬の蹴跡.JPG  山本山城/18大堀切へ.JPG
【左】二番馬場跡の先にある馬の蹴跡
どれが蹴跡かもう一つわかりませんでした,石が何個かあったのでそれかもしれません。
【右】馬の蹴跡の先は尾根を豪快に断ち切った大堀切です。

山本山城/19大堀切.JPG  山本山城/20五郭切岸.JPG
【左】この城で最も規模の大きな堀切でした。
【右】大堀切を超えた曲輪から馬の蹴跡の曲輪の切岸を見ています、

山本山城/21薄い堀切.JPG  山本山城/22二重堀切.JPG
【左】大堀切の先の曲輪の内部は浅い堀切で区画されていたようです。
【右】さらにその先にある二重堀切。 個人的にはお気に入りの場所です。

山本山城/23九郭.JPG  山本山城/24十郭土塁.JPG
【左】二重堀切の先にある曲輪も長細くかなりの面積を有しています。
【右】北端の曲輪に到着。折れのついた土塁が築かれています。

山本山城/25眺望.JPG  山本山城/26突端の堀.JPG
【左】北端の曲輪から少しだけ開けた眺望。
【右】曲輪の北側も堀切が築かれています。

小谷城落城の一因となった阿閉貞征の降伏。このちょっとした歴史の一コマの現場に行ってみたかったのです。ちなみに阿閉貞征は山崎の戦いで明智方について敗れ磔刑に処されました。


大きな地図で表示


お城巡り ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

関連記事
テーマ:史跡
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
タイの日々を楽しまれてますか?(^^)

40分かあ。わりと登りますね。。
こないだ大嶽に登ったあとここも登ろうと思ったんですが、雪に足を取られて挫折しました。
2018/01/25(Thu) 17:51 | URL  | 落人 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
落人さん
タイの生活自体は順調、仕事はドタバタです。
10月の頭以来の日本出張に行っており、返信遅れました。
登りそんなにキツイわけでないけど長いという印象でした。
ハイキングをやる人なら、特に問題無いのですが、この日はかなり暑かった上に3城目で大分へばっていたと思います。
2018/02/03(Sat) 13:26 | URL  | こにる #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック