FC2ブログ
このサイトはPC表示にて最適化されていますので,スマホの場合もPC表示をご推奨します。
2020年08月01日 (土) | 編集 |
訪問日:2018年6月

北之庄城(きたのしょうじょう)は滋賀県近江八幡市にあったお城です。
八幡山城の尾根続きのハイキングコース上にありますが,文献や資料がほとんど残っておらず謎の多い中世城郭です。
元々は天台宗の峰々を巡る回峰行のルートであり阿弥陀寺という寺院があり,さらに南近江の戦国大名 六角氏の家臣である岩崎氏がこの付近に築城したの記述が近江輿地志略近江温故録といった郷土史料にあります。
これにより,寺院城郭から六角氏の本拠,観音寺城の支城として改修されていったと想定されています。

[近江]北之庄城/01分岐.jpg  北之庄城/案内
八幡山城の北の丸から北之庄城への道が分岐します。
◆尾根上のハイキングjコースは北之庄城を経由し百々神社まで続きます。

[近江]北之庄城/02尾根道.jpg  [近江]北之庄城/03堀切.jpg
◆尾根道を進みます。一度、鞍部に下りそこから登りなおしますので結構ハードで30分近くは歩く必要があります。
◆北之庄城の城域への入口はこの堀切が目印です。

北之庄城/縄張図
現地にあった縄張図はスペースの都合上横向きにしており(右側が北方面),左側よりアクセスしています。
曲輪群は大きく上中下の三段に分かれていることが示されています。

北之庄城/土橋  [近江]北之庄城/04空堀.jpg
堀切にかかる土橋
◆土橋より続く空堀

[近江]北之庄城/05土塁上.jpg  [近江]北之庄城/06のろし展望台.jpg
主郭部と思われる上段曲輪の縁に残る土塁上を歩く形になります。
◆西に眺望の開けたのろし展望台

[近江]北之庄城/07主郭内部土塁.jpg  [近江]北之庄城/08壇状曲輪.jpg
◆上段曲輪内に残る土塁。中断に続く虎口等は草木に覆われて写すことができませんでした。
◆中断曲輪へ階段状になっているようですが,整備が悪く判然としません。

[近江]北之庄城/09七つ池.jpg  [近江]北之庄城/10池.jpg
下段曲輪七ツ池の案内ですが,草が生い茂っておりどこに池があるのやら?
◆横に回り込むと少しだけ七ツ池が見えました。

[近江]北之庄城/11七ツ池付近.jpg  [近江]北之庄城/12内枡形.jpg
下段曲輪の中心部当たり。御覧の通りろくに整備されていません。
◆これが最大の見どころと思われる内枡形虎口です。わかりやすいように矢印を入れています。

[近江]北之庄城/13内枡形外から.jpg  [近江]北之庄城/14大手道.jpg
内枡形虎口を外側から見ています。
結構な高さの土塁で進路を制約屈曲させており,戦国時代の改修であると考えられます。
◆虎口の外側は平場が続いており大手道の跡と考えられています。

[近江]北之庄城/15B曲輪.jpg  北之城/竪土塁
◆下段曲輪の中には土塁で囲まれたような曲輪もあるのですが,整備状況が悪く写真ではわかりにくいです。
◆これは中段曲輪から下段曲輪にかけて伸びた二本の竪土塁のような遺構。(写真手前からと奥の矢印)

[近江]北之庄城/17基壇.jpg  [近江]北之庄城/18平虎口.jpg
◆奥に進むと高まりに基壇のようなものがありました。
◆これは北側に空いた平虎口。右に屈曲しながら下っていくようです。

[近江]北之庄城/19北虎口上展望台.jpg  [近江]北之庄城/20眺望.jpg
◆ここからハイキング道らしい道に戻りますが北虎口展望台とあり,城域の北端になります。
◆北虎口展望台よりの眺望。

もう少し整備してくれたらよいのですけど,内枡形虎口は必見です。
八幡山城のついでにどうぞ。


大きな地図で表示


お城巡り ブログランキングへ


にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

関連記事
テーマ:史跡
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック